ボーダー理論④:パチンコの期待値とは

皆さん、トータル確率は理解できましたか?

さて今回は「パチンコの期待値」についてお話しします。

パチンコでいう期待値とは、この台をこの回転数だけ回したときに理論上期待できるであろう勝ち負けの値のことです。

よくわかりませんね。(笑)

具体的な例を入れて、もう少し詳しく書いていきます。

どうすればパチンコで勝てるのかということを思い出してください。(「どうすればパチンコで勝てるのか」はこちら)

投資金額より回収金額のほうが多ければ勝ちです。

つまり、玉を増やして投資金額を上回れば勝ちです。

もっと単純に言うと玉が増えていけばいいわけです

ではどうすれば玉が増えていくのかを説明します。

前回の記事と同じ通常時大当り確率1/300、平均連チャン数3回、トータル確率1/100、平均出玉1500個という架空の機種Aを使って説明します。(平均出玉についてこちら)

重要なのはトータル確率です。

この機種Aはトータルで平均すると理論上100回転に1回大当たりするわけです。

説明しやすいように100回転目に大当たりを引き、出玉は毎回1500個という設定で話を進めます。

まずは出玉を持っていないので現金投資です。

そして100回転目に大当たりを引きます。

出玉を1500個手に入れます。

さてこれからこの出玉を使っていくわけですが、ここが重要です

どうすれば玉が増えていくのか。

この出玉を使い切る前に大当たりを引くと玉が増えますよね?

つまり、出玉1500個以内で100回転回せれば玉が増えます

逆に、100回転回すのに出玉1500個以上使うと玉は増えません

そして前者が期待値プラス後者が期待値マイナスということになります。

これが期待値です。

出玉1500個以内で100回転回せれば玉が増えることが期待できる、プラスの期待値。

100回転回すのに出玉1500個以上使うと玉が減ることが期待できる、マイナスの期待値。

わかりましたか?

まだあまり良くわかっていない方もいると思うので次回も引き続き「期待値」についてお話しします。

ぼやき

私は本当に説明下手なので、そのうち図を書いて分かりやすくしたいなぁと思っています。


スポンサーリンク

ボーダー理論④:パチンコの期待値とは」への2件のフィードバック

  1. 灰原 たつあき

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    トータル確率のなかに時短 とっかくが含まれていると思いますが 詳しく意味を教えて下さい なんかサイトによってちがうような気がします

    返信
  2. クレハ

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして、クレハです。
    詳しくは『ボーダー理論③:トータル確率とは(http://pachikachikureha.blog87.fc2.com/blog-entry-11.html)』という記事に書いてあります。
    簡単に説明すると、通常時の大当り確率分母を平均連チャン数で割ったものです。
    平均連チャン数には時短中の引き戻しを含みますが、突確は基本的には含みません。
    しかしこれはあくまで『基本』であって、サイトによっては時短中の引き戻しを含まなかったり、突確を含んだりするところもあるかもしれません。
    なので、そのサイトそのサイトで逐一確認する方がよろしいかと思います。
    該当サイトのどこかには記載してあると思いますので。
    それでは頑張ってください!
    健闘を祈ります!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。