打つ前に台の仕様を把握しておこう

皆さん、釘読みは理解できましたか?

まだ説明不足なところがあるので、そのうちもっと詳しく書きます。

さて今回は台の仕様把握についてお話しします。

皆さん、打つ台について事前にしっかり調べていますか?

打ちながら横の冊子を見て・・・となっていませんか?

駄目ですよ、事前に調べておかないと。

よくあるパターンは「お、新台だ。どんな台なんだろ。よく知らないけど面白そうだから打ってみよう!どうなればいいんだ?んーよく分からないなぁ。まあとりあえず当たればいいんだろ。」みたいな感じです。

ちょっとドキッとした人もいるんじゃないですか?

打つ台がどのような台なのかは打つ前に調べておきましょう。

楽天 Amazon
パチンコ必勝本CLIMAX (クライマックス) 2013年 01月号 [雑誌]
パチンコ必勝本 CLIMAX (クライマックス) 2012年 12月号 パチンコ必勝本CLIMAX (クライマックス) 2013年 01月号
パチンコ激闘伝!実戦守山塾 vol.10 最新機種もW守山が徹底攻略&ガチンコDVD150分!! (GW MOOK 8)
パチンコ激闘伝!実戦守山塾 vol.10 パチンコ激闘伝!実戦守山塾 vol.10

最近の機種は潜伏確変などの複雑な機能が当たり前のようについてきます。(潜伏確変についてはこちら)

潜伏確変くらいならまだいいですが、打ち方自体が普通の機種とは違うといったものもあります。

システムの複雑化に伴い、事前の下調べが必要不可欠になっています。

では一体どのようなことを調べておけばいいのか、これについて説明しておきます。

まず、最低限調べておかなければならないものは、遊技方法、潜伏確変の有無、ボーダーラインです。(ボーダーラインについてはこちら)

遊技方法は言うまでもありませんが調べておかないと打てません。

潜伏確変の有無は調べておかないと確変を捨てる可能性があります。

つまり、確変なのにそれに気付かずやめてしまうということです。

「確変を捨てる」という行為は期待値を大幅に下げることになります。(期待値についてはこちら、確変を捨てるについてはまた別の記事で書きます)

潜伏確変の有無は必ず調べておきましょう。

ボーダーラインは調べておかないと勝てません。

次に、調べておいたほうがいいものです。

調べなければならないというほどではありませんが、調べておいたほうが様々な場面で有利に働きます。

調べておいたほうがいいものは、潜伏確変がある場合のセグやランプ、見るべき釘の位置です。

まず、潜伏確変がある場合のセグやランプについて説明します。

潜伏確変がある機種はセグやランプによって確変かそうでないかを判別することができます

これを確変判別といいます。

セグやランプはパチンコ台のどこかについていて、場所は機種によって異なります。

そしてそのセグやランプがどのような形になるかで判別します。

どのような形になれば確変なのかも機種によって異なります。

つまり、確変判別をするために調べておいたほうがいいということです。

もちろん調べなくても、ある程度の回転数回せば確変であればかなりの確率で当たりますが、ほんの少しでも当たらない可能性があるのならば調べておくべきでしょう。

釘については、慣れてくると調べなくてもどこの釘を見ればいいのかがわかりますが、初めのうちは調べておいたほうがいいです。

釘読みにかかる時間も短くなるので、他のお客さんが来る前に普通より多くの台を見ることが出来ます

以上が調べなければならない、調べておいたほうがいいものです。

これ以外に関しては、全く調べなくていいです

とか言って上で書き忘れがあったら大変ですけど(笑)、まぁ大丈夫でしょう。

特に演出の信頼度やプレミア演出などは覚える必要ないです。

私も演出に関してはほとんど知りません。

全くと言っていいほど知りません。

ほんの少しの知っている演出も、めちゃくちゃ有名なものか、何度も打つうちに自然と覚えたものかのどっちかです。

慶次のキセル予告や、海の魚群はアツいといったレベルです。笑

CR花の慶次~愛 H-V CRスーパー海物語IN沖縄2MTMS

雑誌などで調べたことはありません。

というか調べなくても勝てます。

一切期待値に影響を及ぼしません

何故ここまで言うかというと、初心者によくあることだからです。

「潜伏確変って何?」という人が「そのリーチは信頼度50%!」みたいな感じで、演出に関してはやたら詳しい。

そういう人が多いです。

信頼度を調べて覚える暇があったら、上に書いたようなことを覚えたほうがいいです。

それに関して完璧に調べ上げてから演出に移りましょう。

演出について調べることが悪いわけではありません。

実際全く知らないよりは知っていたほうが楽しく打てます。

しかし、順番を間違えないようにしてください。

仕様を調べてから演出

これをしっかり守ってください。

さて今回は台の仕様把握について説明しましたが、どうですか?

ドキッとしましたか?

ドキッとした人は今からでも遅くありませんので、しっかり勉強しておきましょう。

次回は「潜伏確変」についてお話しします。

近況

この前話した「1パチでもガッツリ勝てる機種」を1パチで打ちまくってます。

ガッツリ勝ててます。

そんな感じ。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。