パチンコ精神論

皆さん、実戦データはメモしていますか?

しっかりデータをつけて、今後の立ち回りの参考にしましょう。

さて今回はパチンコ精神論についてお話しします。

「パチンコ精神論」と言っていますが、そんなに大層な話ではありませんので、ご安心下さい。笑

いきなりですが質問です。

ある日、あなたは朝一からホールにいきました。

ホール内を見てまわると、かなり釘の良さそうな台を発見しました。

実際に打ってみると、やはりよく回る。

初めの1000円でよく回ったので、2000円目を投資。

すると、なんと2000円目を入れてすぐに大当たり。

それがまさかの20連チャン!

後ろにはドル箱の山!

さて、あなたならこの後どうしますか?

やめますか?やめませんか?

状況を整理すると、釘はかなり良さそうで、初めの1000円ではよく回った。(釘読みについてはこちら)

しかし、たった1000円の回転数では本当の回転率はわからない。(回転率についてはこちら)

そして大量の持ち玉があるので、このままヤメれば大勝ちになる。

しかし、超短時間しか打っていないので期待値はあまり稼げていない。(期待値を積み重ねるについてはこちら)

このまま打ち続けて、回転率も上々なら持ち玉比率も上がってかなりの期待値が稼げる。(持ち玉比率のついてはこちら)

さて、あなたならやめますか?やめませんか?

「初めの1000円が回り過ぎだっただけかもしれないし、やめよう」

「このままヤメれば大勝ちになるんだから、やめよう」

こう考えた人は結構いると思います。

もちろん分かっていると思いますが、この考え方はダメです

ボーダー理論で最も重要視されるのは、実収支ではなく期待値です。

「実収支は大幅にプラスだが期待値は稼げていない」という状況でやめることは許されません。

なので先程の質問、プロの答えは「やめない」です。

プロは期待値を稼ぐということを最優先しますので、たとえ大量にある持ち玉が全てなくなるとしても期待値が稼げる限り打ち続けます

もちろん、打っていくに連れて本当の回転率が徐々に分かってきて、あまり回らないという判断になればやめるでしょう。

しかし、その場合もその台をやめるだけで、他に回る台がないか探します

これがプロの立ち回りです。

1にも2にも期待値です

その日、勝てなくても期待値さえ稼げればいいのです。

収支はそのうち勝手についてきますので。

さて、ではこれのどこが精神論なのか。

先ほど「たとえ大量にある持ち玉が全てなくなるとしても」といいました。

大量にあった持ち玉が消滅するというのは、皆さんにとって精神的にかなり辛いはずです。

せっかく出た玉がどんどんなくなっていくわけですから。

プロも同じです。

プロも人間ですので、いくら期待値のためとはいえ持ち玉がなくなるのは、かなり辛いです。

しかしその感情を押し殺してでも期待値を稼がなければなりません。

そうしてようやく勝てるのです。

この「期待値を稼ぐために精神的重圧に耐えつつ打ち続けることができるか」という点がプロと素人の境目です。

大勝ちだったはずが、最終的に負けてしまった。

そんな時に「くそっ、あそこでヤメれば大勝ちだったのに!」ではなく「収支的には全然だったけど、期待値はかなり稼げたからよし!」と思えるようになれば一人前です。

偉そうに言いましたが、本当のことです。

さて、少しは精神論っぽくなりましたか?笑

パチンコを打つということにおいて精神的な部分はとても重要です。

精神的な部分が勝ち負けを左右することもあります。

頑張って鍛えましょう!

次回は「止め時」についてお話しします。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。