高換金率ホールの攻め方

皆さん、低換金率ホールの攻め方はわかりましたか?

さて今回は、高換金率ホールの攻め方についてお話しします。

前回の最重要キーワードは「換金ギャップ」でした。(換金ギャップについてはこちら)

今回もまずは「換金ギャップ」について考えていきましょう。

高換金率のホールは低換金率のホールと違って、換金ギャップがあまり発生しません

ということは前回話した、「いかに換金ギャップをなくすことができるか」ということはさほど重要ではありません。

もちろん、少しでも換金ギャップがあるなら、それをなくすに越したことはありません。

しかし、最重要ではありません。

では、高換金率のホールでは何が重要なのか。

高換金率のホールと低換金率のホールの違い」の記事を思い出してください。

換金率が高いとボーダーラインが低くなる

しかし、ホール側はボーダーラインが低い分、回らない釘調整にしてくる

こう説明しました。

前者はその通りで、換金率が高いとボーダーラインは低くなります。(換金率によるボーダーラインの差についてはこちら)

後者は「回らない釘調整」と書いてはいますが、実際は回転率だけでなく平均出玉の方も削られやすいです。

つまり、出玉が少なくなるように釘調整されやすいということです。

まとめると、全体的に釘が閉められるということですね。

そしてこの「全体的に釘が閉められる」というのが、高換金率ホールにおいては曲者です。

高換金率ホールは低換金ホールに比べると、ボーダーラインが遥かに低いです。

しかし回らない、スルーが抜けない、こういったホールが多いです。

なので、高換金率のホールを攻める場合、まずは釘を開けてくれるホールを探すということが重要です。

これは度々言っていると思いますが、高換金率ホールの場合、本当に重要になってきます。

いくらボーダーラインが低くても、回らなければ意味がありません。

しっかりと釘を開けてくれるホールを探しましょう。

さて、ではホールの攻め方です。

先程から言っているように、高換金率ホールは釘が全体的に閉まっています。

その中でも開いている台を探すわけですが、どの台が開きやすいと思いますか?

もちろんあくまで一般論で開くかどうかはお店によりますが、基本的にはマックスタイプが開きやすいとされています。(マックスタイプについてはこちら)

ぱちんこCR北斗の拳剛掌 黒王バージョン CR花の慶次~愛 H-V

低換金率のホールでは持ち玉のなりにくさから避けてきたマックスタイプですが、高換金率のホールでは換金ギャップを気にする必要はないので、マックスタイプは逆に打つべき台になります。

なので、高換金率のホールでは、まずマックスタイプをチェックしておくといいでしょう。

もう一度言っておきますが、あくまでお店によります

しつこいようですが、お間違えの無いように。

さて、高換金率のホールでは、稼働時間によるボーダーラインの差もあまり発生しません。(稼働時間によるボーダーラインの差についてはこちら)

つまり、短時間勝負をしてもいい環境であるということです。

あまりパチンコに時間をとれない人は、高換金率ホールで打つといいでしょう。

当然ですが、釘が開いているという前提でのお話です。

さて今回は、高換金率ホールの攻め方について説明しました。

あまり攻め方に関する説明はなかったように思えますが、全体を通して攻め方です

ホール選びから攻めは始まっています。

頑張ってマスターしましょう。

さて次回は「実収支」についてお話しします。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。