オフの使い方

皆さん、期待値と勝率の関係はわかりましたか?

さて今回は、オフの使い方についてお話しします。

朝一、パチンコ屋にいきました。

「今日は打てそうな台がねぇなぁ・・・」

さて皆さんならどうしますか?

家に帰ってやりたいことをする、いいでしょう。

連日稼働は疲れるので完全休業にする、いいでしょう。

特に問題はありません。

しかし、オフの日をうまく使えばもっと勝ちやすい状況をつくることが出来ます

どうすればいいのか。

今まで行ったことのないホールに行ってみましょう

いつも通るけど一度も入ったことがないなんていうホールはありませんか?

あることは知っているけど行ったことがないというホールはありませんか?

そういったホールには片っ端から入ってみましょう

もし状況が良ければ、今度からはそこを自分のテリトリーにすればいいわけです。

そうすると通えるホールが増えるので、他のホールが駄目だったときのカバーとして使えます。

もちろんそのホールをメインにしても構いません。

そういった感じで自分が通うホールの数を増やしていきます。

数が多くなると、この店がダメならあの店、あの店もダメならあっちの店という風に立ち回ることができるので、優秀台をつかめる可能性が上がります

では逆に初めて入ったホールの状況が悪かった場合。

その時はとりあえず、今は使えないとして記憶しておきましょう。

どういう事かというと、ホールの状況は1ヶ月やそこらでガラっと変わることが普通にあります

今は極悪店でも1ヶ月後には超優良店になるということが普通にあります。

普通にはないかもしれないですけど。

でもあることは事実です。

なので、とりあえずは使えないとしますが、定期的に視察に行って状況の変化をチェックしておきましょう

そのうち使えるようになるかもしれないです。

さて、状況が良い場合と悪い場合の2つについて説明しましたが、ここで問題が発生します。

行った時たまたま状況が良かっただけ、またはたまたま状況が悪かっただけということがあります。

なので初見はあくまで第1段階の視察に過ぎません。

いいと思って通っていたものの、本当によかったのは最初の1日だけだったなんてことにもなりかねません。

逆に、悪いと思っていたものの、本当に悪かったのは最初の1日だけだったなんてことにもなりかねません。

ということで、最低1回、暇があれば2、3回顔をのぞかせて判断するほうがいいでしょう。

あともうひとつ忘れてはいけないのはイベントです。

そのホールで最も強いと思われるイベントには顔を出しておきましょう。

通常営業では使えなくても、そのイベントの時だけでも使えれば、そのホールは利用価値のあるホールということになります。

このようにして、1歩でも勝利に近づけるよう努力しましょう。

さてオフの使い方はこんなもんでしょう。

まぁ身体が資本の稼業ですので単純に休みにしてもいいですけど、勝てる可能性が少しでも上がるのならホール回りをしましょう。

近所のホールを全制覇したら、ちょっと遠くまで車なり電車なりでホール探しの旅に出るのもいいでしょう。

もしかするとお宝ホールが見つかるかもしれませんよ。

さて次回は「休日と平日」についてお話しします。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。