新台入替について

皆さん、平日と休日の違いはわかりましたか?

さて今回は、新台入替についてお話しします。

新台入替とは、その名のとおり旧台を外して新台を入れることを言います。

単純に新台が入るということです。

しかし、その中身は単純ではありません。

少し昔話をします。

その昔、プロの中には開店プロと呼ばれるプロがいました。

何故開店プロと呼ばれていたのかというと、新装開店ばかりを狙っていたからです。

つまり、新台が入荷されると、そればかりを狙っていたということです。

どうしてそういう事をするのか。

昔のホールでは、新台を入れると良い釘調整にして、ある程度出して客をつけるというのが一般的だったからです。

もし新装初日が赤字でも、「出るんだ」と思った客が次回以降負けてくれればホールは黒字になるので問題ありません。

というわけで、ホールは新台を優秀台にしていました。

それを狙ったのが開店プロです。

つまり、新台ばかりを狙っているだけで勝てていたわけです。

毎日至る所で行われる新台入替に出向いていき、新台を打ちまくる。

そういう人達でした。

では今はどうなのか。

おそらく今、開店プロの人数は激減していると思います。

しっかりとした人数を調べたわけではないので憶測の域を出ませんが、激減していると思います。

理由としては、ホールが新台でも釘を開けなくなったからです。

1パチの考察と勝ち方」でも言ったように、今のホールは経営が厳しくなっています。

特に昔の経営状況と比べると、遥かに悪くなっています。

そして、パチンコ台の値段は決して安くはありません。

機種によってバラつきますが、1台数十万円するのが基本です。

そんなモノを入荷するわけです。

数台ならいいですが数十台となると、それだけで数百万から数千万のお金が動くわけです。

それは釘を開けている場合ではありません。

ただでさえ経営が厳しいのに。

これが今のホールの状況です。

さぁここで皆さんは1つのツッコミが思い浮かびます。

浮かんでないですか?

じゃあ新台を入れなきゃいいじゃん

その通り。

新台を入れなければいいわけです。

そうすれば数百万、数千万の出費が抑えられるわけです。

では何故、新台を頻繁に入荷するのでしょうか?

答えは簡単です。

新台を入れないとお客さんが来ないから

「新台入荷しました!」といって客を集めるのが、集客方法としては最も簡単だからです。

でもそうして集まったお客さんも、新台を打って面白くなければもう来ません。

さらに新台を少し打てて満足した、または新台を打ってすぐ飽きたといったお客さんももう来ません。

つまり、新台入荷で集客するわけですが、そういったお客さんはすぐ来なくなるわけです。

新台がとても面白い台ならまた来るかもしれませんが、そういった台が少ないのが現状です。

ということはホールはどう考えるか。

さらに新台を入荷しよう。

集客集客。

来なくなる。

新台を入荷しよう。

集客集客。

来なくなる。

新台を・・・・

こうするしかないわけです。

これが頻繁に新台入替が行われる理由です。

そしてその度に数百万、数千万という額を支払っているわけです。

釘が開くわけありません

新台入荷で集客して客離れを起こす前に機械台を回収して、さらに利益を出さなくてはならないわけですから。

こうして新台を打つ価値がなくなったわけです。

ですが、もちろんこれはお店によります。

なのでまずは新台の釘を開けるホールを探しましょう。

新台が入荷されるととりあえず打ってみる」という行為は素人に多いです。

注目の新台という場合は別ですが、基本的にプロはあまり新台を触りません。

もちろん釘が開いていれば触りますが、先程言ったように開かない場合が多々あります。

なので、これから新台を打つ際には上に書いたことに十分注意して実戦に臨んでみてください。

さて新台入替についてはこのくらいです。

こんな感じで新台は難しいです。

あまり機種仕様を把握出来ていない場合も多々あると思いますので。

新台を打つときは十分注意しましょう。

次回は「新台の調整ミス」についてお話しします。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。