どうしても打ちたい機種があるときは

皆さん、パチンコで勝っていますか?

パチプロの存在を確認するには、自分がパチプロになればいいだけです。

さて今回は、回らないけど打ちたい機種についてお話しします。

どうしても、何がなんでも打ちたい機種ってありますか?

私はありません。

というのも、最近の機種で「どうしても打ちたい」と思えるほどの台がないというのもありますが、マイナスの期待値をおうという重圧のほうが打ちたい気持ちに勝るからです。(期待値についてはこちら)

これにより私は、ただ打ちたいだけの回らない台を打つという行為をしていません。

しかし皆さんの中には、まだまだ「打ちたいから」という理由だけで無駄打ちをしてしまう人がいると思います。

「遊びだから」と割り切っているのならいいですが、「勝ちたい」と思っているなら無駄打ちはなるべく控えるべきです。

ではどうすればいいのか。

1番いいのは我慢をすることです。

しかしこれを分かった上で無駄打ちをしていると思うので、これが出来ない以上、別の方法を考えなくてはなりません。

ここで出てくるのが低貸玉です。

最低限4パチ以外で打ちましょう。

当然、貸し玉料金は低ければ低いほど負け額が少なくなるわけですので、それに越したことはないです。

2パチ、1パチ、0.5パチ・・・他にも様々な貸玉料金があります。

自分のテリトリーにある、最も貸玉料金の低いホールで打ちましょう。

こうするしか方法はありません。

では少し前に戻って、我慢するということについて考えてみましょう。

先程私は「マイナスの期待値をおうという重圧のほうが打ちたい気持ちに勝る」と言いました。

もちろんこれは本当のことで、マイナスの期待値をおっていると思うと重苦しい気持ちになります。

「こんなことをしている暇はない」という焦りの気持ちがそうさせるのかもしれません。

しかしこれで問題ありません。

これがプラスの期待値をおうということですから。

つまり、マイナスの期待値をおってでも打ちたい機種を打ってしまう人は、プラスの期待値をおうということに専念出来ていないわけです。

勝つためにはプラスの期待値を追わなければならないはずなのに、それを放棄してマイナスの期待値をおっているわけですので。

初めの方でもいいましたが「遊びだから」と割り切っているのなら構いません。

しかし「勝ちたい」と思っているのならマイナスの期待値をおうべきではありません

頑張ってプラスの期待値をおうことに専念してみてください。

そうすれば無駄打ちも減るでしょう。

さて無駄打ちについてお話ししました。

これも精神です。

めんたる、めんたる。

次回は「時間がある人とない人」についてお話しします。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。