釘読み講座③:回転率から見る釘読み(横からのルート編)

皆さん、命釘の見方はわかりましたか?

見方といっても、至極当然なことしか言ってませんけど。笑

それでは回転率から見る釘読みの続きです。

前回の記事でも書いたように「最終的にスタートチャッカーに玉が入ればいいわけですから、スタートチャッカーまで玉がたどり着きやすい且つ、スタートチャッカーによく入るように釘が調整されている台を探せばいい」というのが回転率から見る釘読みの基本です。

「スタートチャッカーによく入る」という部分は前回解説したので、今回は「スタートチャッカーまで玉がたどり着きやすい」というところを詳しく見ていきましょう。

簡単に言えば、スタートチャッカー付近まで玉が運ばれるような調整にされていればいいわけです。

スタートチャッカー付近まで玉が多く運ばれると、当然スタートチャッカーに入る玉の数も多くなります。

さて、ここで「ステージ止めとは」という記事を思い出してみましょう。

その記事では、スタートチャッカーまでは2つのルートがあると言いました。

1つは「横からのルート」、もう1つは「ステージからのルート」この2つです。

基本的にはこの2つしかありません。

2つ同時には解説できませんので、別々に見ていきましょう。

まずは横からのルート

横からのルートの理想的な球筋は下の画像のような感じです。

risou.jpg

変則的な台でない限り、これが理想的な球筋でしょう。

もちろん台によっては、もっと理想的な球筋があることもありますので、これを絶対と思い込まないようにして下さい。

とは言っても、版面例が1つしかないのでポイントを言っておくと、なるべく外に漏れず内側を通るということです。

外に漏れると、それだけスタートチャッカーが遠くなってしまうので、スタートチャッカーに寄ってくれません。

なので内側を通る、これが基本となります。

さて、それでは改めて見ていきましょう。

もう理想は示したので、その通りに玉が通るような釘調整を見ればいいわけです。

例えば、スタートチャッカー横の「道釘」。

michi1.jpg

赤線で囲んだ部分ですね。

ここは、玉がまっすぐにスタートチャッカーへ向かうのが理想です。

となると、ところどころに開いた隙間は狭いほうがいいです。

逆に言うと広げられていてはダメです。

michi.jpg

極端に描くと、上のような感じです。

このような要領で他の釘も見ていきます。

ザッと描くとこんな感じです。

kugizentai.jpg

※拡大するとよくわかります(クリックすると拡大されます)

何となく分かると思います。

これが釘読みの基本です。

それではもう1つのルートである「ステージからのルート」は次の記事で書きます。


スポンサーリンク

釘読み講座③:回転率から見る釘読み(横からのルート編)」への2件のフィードバック

  1. 名無し

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    凄く分かりやすい、素晴らしいブログだと思います。          とても参考になりました。

    返信
  2. クレハ

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして、クレハです。
    参考になっているようで何よりです!
    これからも応援していただけると嬉しいです!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。