台のタイプによる違い

皆さん、1パチについては理解できましたか?

さて今回は台のタイプについてお話しします。

台のタイプはいろいろあります。

マックス、ミドル、甘デジ・・・。

他にもいろいろありますが、代表的なのはこの3つでしょう。

台のタイプは大当り確率によって区別されます。

では、それぞれについて説明していきます。

マックスタイプについて

ぱちんこCR北斗の拳剛掌 黒王バージョン CR花の慶次~愛 H-V

マックスタイプとは大当り確率が約1/400の機種のことです。

今ホールにあるパチンコ台の中で最も大当り確率が低い機種です。

つまり、限界まで大当り確率を下げたものということです。

そのためマックスタイプと呼ばれます。

マックスタイプは大当り確率が低い反面、確変継続率が高い場合が多いです。

だいたい80%以上で、高いものだと90%を超えるものもあります。

このため最も連チャンしやすい機種とも言えるでしょう。

つまり、大当たりしにくいけど連チャンしやすい、これがマックスタイプです。

この特徴のため、よく出玉が荒れます。

大勝ちするか大負けするか、1日の収支では期待値通りにならない場合も多々あります。(期待値についてはこちら)

ミドルタイプについて

CRスーパー海物語IN沖縄2MTMS CRエヴァンゲリオン ~始まりの福音~

ミドルタイプとは大当り確率が約1/300~1/350の機種のことです。

最もオーソドックスな機種です。

大当り確率も普通、確変継続率も普通。

やっぱり最もオーソドックスな機種です。笑

1日の収支も普通です。

期待値通りになったりならなかったり。

甘デジについて

CRAぱちんこ必殺仕事人3 祭バージョン(甘デジ) CRA新世紀エヴァンゲリオンプレミアムモデル

甘デジとは、その名のとおり大当り確率が甘いです。

だいたい1/100以下です。

では確変継続率が低いのか?と言われるとそうではありません。

甘デジの場合、大当たりラウンド数が少なく、結果大当たり出玉が少ないことが多いです。

つまり、当たりやすいけど出玉が少ない、これが甘デジです。

しかし、大当り確率が低いので、1日の収支が期待値通りになりやすいです。

3つの台のタイプの説明は以上です。

期待値の収束の仕方のイメージを下に載せておきます。

max.png

middle.png

ama.png

これは同じ期待値をそれぞれのタイプで稼いだ場合の収支の収束を表したものです。

もちろんイメージですので、この通りになるわけではありませんが、これに近いものにはなると思います。

最後に言っておくと、1日単位での収束のしやすさが違うだけで、最終的な収支はどれも同じになります

それが期待値の収束というものです。(期待値の収束はこちら)

わかりましたか?

それぞれのタイプによって特徴が大きく違います。

しっかり理解した上でパチンコを打ちましょう。

次回は「甘デジ」に焦点を絞ってお話しようと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。