釘読みで見るべき釘②

さて、では前回説明しきれなかった釘読みで見るべき釘の残りを紹介していきます。

スルー

だいたい液晶の左右にある、玉が通り抜ける部分です。

ここを抜けると電チューやベロの開放抽選が行われます。

つまり、逆にここを抜けないと開放抽選が行われず、時短・確変中の玉減りの原因になります。(時短・確変中の玉減りについてはこちら)

さらに、ヘソと電チューで玉あり大当たりの抽選確率が違う機種では、出玉を大きく減らす原因になります。(ヘソと電チューで玉あり大当たりの抽選確率が違う機種についてはまた別の記事で書きます)

よってここの釘は出玉に影響を与える釘として重要視されます。

そして基本的にはスルーをよく抜ける釘調整がプラスと判断されます。

ブッコミ

発射された玉がそのままぶっこぬける部分のことを言います。

基本的には最上に位置する天釘とその左下との間のことを言いますが、ブッコミの位置は機種によって様々です。

そしてブッコミは、そこを抜けて玉が台の中央に寄る事になるので、回転率と出玉に影響を及ぼします。

なので基本的にはブッコミを抜ける調整がプラスと判断されます。

アタッカー

大当たり中にパカパカ開くアタッカーの上にある釘です。

右から入るルートと左から入るルートに分かれている場合が多いですが、どちらにせよ釘が開いている方がアタッカーによく入ります

アタッカーによく入るということはそれだけ出玉が多くなるということですので、プラスの釘調整であるということになります。

風車

台の至る所にくるくる風車みたいに回るものが付いています。

これをそのまま風車と呼びます。

そしてその風車の中でも重要視されるのは、寄りの下に位置する風車です。

この風車は寄りから落ちてきた玉がスタートチャッカー方面へ向かうのか、それとも逆の外へ向かうのかを分けるところに位置します。

なので基本的にはスタートチャッカーの反対側、つまり外へ叩かれている方がプラスの釘調整になります。

この風車は台の中央に玉が運ばれるかどうかを分けるので、回転率と出玉に影響を与えます。

命釘から始まり、ワープ釘、寄り釘、道釘、スルー、ブッコミ、風車について、それぞれ簡単に説明しました。

これらが多数ある釘の中でも一際重要度の高い釘になります。

そして総括として、全体的に台の中央へ向かう調整がいわゆるプラスの釘調整になります。

中央に寄らず、台の外に玉が逃げてしまうと何の価値もない死に玉になってしまいます。

しかし中央に寄ると、たとえスタートチャッカーに入らなかったとしても大当たり中のアタッカーへの入賞率が上がるなどのプラス方面へ影響が出ます。

なので基本的には台の中央へ寄る、贅沢を言えばスタートチャッカーへ寄る釘調整がプラスの釘調整です。

釘読みをする際はそのことを頭に入れて、台の釘全体を見て、玉が中央によりそうな台を選ぶようにしましょう。

さて釘読みについてはこのくらいです。

釘読みに関しても話すとキリがないので、さらに深い部分については他に書くことがなくなったら書きます。

その前にまずは前回と今回で書いたことを完璧にマスターしておいてください。

釘読みは文章にすればこれだけ長くなるわけですが、しっかり頭に入れて毎回実行していると、いつの間にかオートで出来るようになります。

そして初めて見る台でも、どこの釘を見ればいいのかがある程度わかるようになります。

頑張って身につけましょう。

さて次回は「ヘソと電チューで玉あり大当たりの抽選確率が違う機種」についてお話しします。

版面図

ちょっと流石に図をつくろうかと思います。

誰か版面図を作ってくれる素敵な人がいないかなぁ。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。