釘読み講座⑤:出玉から見る釘読み(アタッカー周辺編)

皆さん、回転率から見る釘読みはわかりましたか?

さて今回からは、出玉から見る釘読みを解説していきます。

まずは少し前に書いた「釘読みで見るべき釘①」と「釘読みで見るべき釘②」を今一度思い出してください。

上記の記事で書いたように、パチンコには回転率に影響を与える釘と、出玉に影響を与える釘があります。

前者は前回までで説明したので、今回からは後者の説明をしていきます。

数多ある釘の中で、出玉に大きな影響を及ぼす釘は「アタッカー周辺釘」と「スルー周辺釘」です。

詳しい理由に関しては「釘読みで見るべき釘②」を参照してください。

もちろんこれ以外にも出玉に影響を与える釘はありますが、大きなものはこの2つです。

その中でも今回は「アタッカー周辺釘」について解説していきます。

とはいっても一切難しくありません。

要はアタッカーに良く入る釘調整になっていればいいわけです。

もうだいぶ慣れてきたのではないでしょうか。

注目するべき釘は下図の通りです。

attacker1.jpg

アタッカーの入りやすく調整されていればいいわけですから、上図の赤線で囲まれた部分が下図の「○」のようにされているのが理想です。

逆に「×」のようにされているとアタッカーに入りにくく、マイナス調整となります。

attacker2.jpg

どちらも多少誇張していますが、イメージは掴めると思います。

アタッカー周辺釘もさることながら、もちろんアタッカーの辿り着くまでの釘も重要です。

いくらアタッカー周辺の釘が良い調整にされていても、アタッカーまで玉がたどり着かなければ意味がありません。

ではアタッカーに辿り着くまでの釘をチェックしていきましょう・・・と言いたいところですが、もうその必要はありませんね。

アタッカーに辿り着くということは、版面の中心に玉が運ばれるということです。(アタッカーが版面中央に位置している台の場合です)

もうその場合の釘読み解説は済ませてあります。

前回まで説明していた「回転率から見る釘読み」シリーズです。

「回転率から見る釘読み」シリーズは、スタートチャッカーに辿り着くまでの釘を解説したものですが、そのスタートチャッカーはアタッカーの真上にあります。(スタートチャッカー、アタッカー共に版面中央にある台の場合です)

つまり、スタートチャッカーに玉が辿り着きやすい=アタッカーに玉が辿り着きやすいとなります。

よく考えれば当たり前のことですね。

というわけで、アタッカーに辿り着くまでの釘に関しては「釘読み講座①:釘読みの全体像」「釘読み講座②:回転率から見る釘読み(命釘編)」「釘読み講座③:回転率から見る釘読み(横からのルート編)」「釘読み講座④:回転率から見る釘読み(ステージからのルート編)」をそれぞれ参照してください。

さて、アタッカー周辺に関してはこのくらいです。

釘読みはよく考えてみると、案外単純なものが多いです。

初めから「わからない」と投げるのではなく、順を追って整理してみましょう。

では次回は「スルー周辺」についてお話しします。

お詫び

随分更新が遅れてしまい申し訳ありませんでした。

決して更新を停止したわけではありませんので、ご安心ください。

これからもよろしくお願い致します。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。