期待値と勝率の関係

皆さん、精神力は付いてきていますか?

さて今回は期待値と勝率の関係についてお話しします。

もう期待値については大丈夫ですよね?(期待値についてはこちら)

大当たりが確率通りに出た場合の収支のことを言います。

何度も言っているので理解できていると思います。

というわけで、今回は勝率について詳しく解説していきます。

勝率とはその名のとおり勝つ率のことです。

4回勝負して3回勝てば、勝率3/4=75%です。

もちろんこの勝率というものはパチンコにも適用されます。

何回打って何回勝ったのかを調べて、勝率を算出します。

では、実際パチンコの勝率はどれくらいの数字なのでしょうか。

これは打つ台によって変わってきます。

そして、これを説明するときに出てくるのが期待値です。

どういう事かというと、基本的にパチンコの勝率は稼ぐ期待値によって変化します。

そして、期待値が高いほど勝率も高くなります

例えば期待値を1,000円稼いだ場合と20,000円稼いだ場合とだと、勝率が高くなるのは20,000円稼いだ場合です。

これはなぜかというと、1,000円の場合は確率が少し悪い方に偏っただけでマイナス収支になってしまいます。

しかし20,000円の場合は、少し偏っただけでは収支が20,000円より少なくなるだけの話で、マイナス収支にはなりません。

つまり、期待値が低いと少しの偏りでマイナス収支になるのに対し、期待値が高いとある程度偏らないとマイナス収支にはならないということです。

これが、期待値と勝率が比例する理由です。

そして実は、もう一つ勝率を左右する要素があります。

それは、確率の偏りやすさです。

収束のしやすさと言ってもいいかもしれません。

要は、期待値が少ししか稼げていなくても、確率が偏りにくければ勝率も高くなるわけです。

つまりどういう事か。

同じ期待値を稼いでも確率の甘い台は勝率が高く、確率の低い台は勝率が低いということです。(台のタイプによる違いはこちら)

では肝心の、勝率はどのくらいの数字なのかということですが、一般的に言ういい台を打って6~7割程度です。

もちろん、先程から言っているように稼いだ期待値や確率の偏りやすさによって変化しますが、おおよそこのくらいです。

ということは、単純に考えて1/3位の確率で負けるということです。

つまり、3日に1日程度負ける計算になります。

結構負けますよね。

なので前回言ったように「1日単位の勝ち負けにこだわるな」ということになるわけです。

頑張りましょう。

さて期待値と勝率の関係についてはこのくらいですかね?

途中で確率も出てきましたが、あの辺は直感でもわかるのかなぁと思います。

パチンコというものは意外と勝率の高くないシロモノです。

なのでガンガン期待値を稼いで、トータルでガツンと勝ちましょう。

次回は「オフの使い方」についてお話しします。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。