回る台を打っていれば本当に勝てるのか

皆さん、大当たりを引く確率については大丈夫ですか?

さて今回は、精神論です。

Q
回る台を打ってれば本当に勝てるのでしょうか?
パチンコは回る台を打ってるだけでは勝てないと聞きます。
回る台を打ち続けたとしても(負ける確率は低くなるでしょうが)、負け続ける可能性も充分あり得るって事ですよね?
あまりに勝てない日が続くと、自分が勝てる”時期”は永遠に来ないんじゃないかとさえ感じてしまいます。

A
実際、このような疑念をいだいている人はゴマンと居るはずです。

いいですか、何度も言っていますが、パチンコは1日単位で考えてはいけません

トータルで」という考え方が絶対です。

ボーダー理論もトータルで勝つ勝ち方です。

確率が収束したときに収支をプラスにする理論です。

そのことを絶対に忘れてはいけません。

さて、先程も言ったようにパチンコは1日単位で考えてはいけません。

「今日は勝った」や「今日は負けた」などは関係ありません。

実はトータルで考える場合、勝率もあまり関係ありません

パチンコは1日に2000~3000回転くらいしか回すことが出来ません。

その中で勝った負けたを言っていても仕方がありません。

それだけの試行で、確率が収束するはずがないからです。

パチンコはトータルです、トータル。

極端な例を出しましょう。

架空の機種A トータル確率1/100

通常時総回転数 大当たり回数
1日目  2000回転    33回
2日目  3000回転    33回
3日目  3000回転    33回
4日目  2000回転    1回

合計  10000回転    100回

1日目の大当り確率は33/2000=1/60.6で当たりすぎています。

2日目と3日目は33/3000=1/90.9で、これも当たりすぎています。

4日目は1/2000で逆に出なさすぎです。

トータルで見ると100/10000=1/100で確率通りです。

もう一つ、同じ機種で違うデータを見てみましょう。

架空の機種A トータル確率1/100

通常時総回転数 大当たり回数
1日目  2000回転    3回
2日目  3000回転    2回
3日目  3000回転    5回
4日目  2000回転    90回

合計  10000回転   100回

1日目の大当り確率は3/2000=1/666.7で当たらなさすぎです。

2日目は2/3000=1/1500でひどいくらい当たっていません。

3日目は5/3000=1/600で、これもひどいです。

4日目は90/2000=1/22.2で逆に出すぎです。

トータルで見ると100/10000=1/100で確率通りです。

ボーダーをしっかり守っているのなら、確率通りに大当たりが出ればプラスになるので、それ以上出ている日は当然プラスです。

上のデータでは1、2、3日目は勝っていて、4日目はどう考えても負けているでしょう。

ということは勝率3/4=75%です。

下のデータでは逆に1、2、3日目はどう考えても負けていて、4日目は勝っています。

勝率は1/4=25%です。

しかしトータルで見ると、どちらも100/10000=1/100で確率通りに出ています。

換金ギャップがあると話が変わってきますが、等価交換の場合どちらも収支は同じです。

過程などは関係ありません。

1日単位での勝率も関係ありません。

すべてトータルで見ることが重要です。

最終的に確率通りに出れば何も問題はありません。

最終的に勝っていればいいのです。

そしてこれが確率の収束であり、期待値の収束です。

大当たりが確率通りに引けたときに、収支がプラスになる。

それがボーダー理論です。

1日単位で「今日は当たりが引けた」「今日はつかなかった」などと考えてはダメです。

あくまでトータルで考えましょう。

今日は何回も言いますよ。

トータルトータル。

それほど重要な考え方です。

手元にデータがあるのなら、1度全ての総回転数と全ての大当たり回数を足して計算してみてください。

データにおかしいところがなく、ボーダーをしっかり守っているのなら収支はプラスのはずです。

途中に負け続けの期間があるかどうかは関係ありません。

感覚的には回転率のムラと同じです。

負けが続く期間は、確率が収束する過程での一時的な下ムラに過ぎません。

気にせず邁進しましょう。

パチンコはボーダーを守れば、あとはひたすら打ち込むだけです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。