優秀台は山ほどあるわけではない

皆さん、パチンコで勝っていますか?

さて今回は、優秀台についてお話しします。

皆さん、勘違いしていませんか?

どのホールにも毎日何台かは優秀台がある。」

そう思っていませんか?

これは間違いです

優秀台というものはそうそうありません。

もちろん中には、毎日何台も優秀台があるというホールもあります。

ですがほとんどのホールは、数台有るか無いかの世界です。

そして優秀台を狙っているのは自分1人だけではありません。

つまり、優秀台はつかめないのが普通だということです。

ホールを何件も回ってやっと1台見つける。

これが現実です。

実際は2、3件しか回れませんけどね。

そんな中、勝ちを収めているのがパチプロです。

数台有るか無いかの優秀台をつかむわけです。

そのためには他人の上を行かなければなりません。

そこで前日の下見が重要になってくるわけです。(下見についてはこちら)

下見をしっかりして、狙い台をしっかり絞って実戦に臨めば、下見をしなかった人より上を行くことが出来ます。

そのためにも、下見はしっかりしておきましょう。

さて、では優秀台がなかなか見つからない場合、どうやって勝っていくのか。

ここで出てくるのが技術介入です。

今までに何種類かの技術介入を紹介してきました。

それを駆使することによって、普通の台を優秀台にしてしまおうということです。

例えば止め打ち。(止め打ちについてはこちら)

機種によっては絶大な効果があります。

少し古い機種になりますが、例としては初代ガロ蒼天の拳などです。

CR牙狼XX ぱちんこCR蒼天の拳

これらの台は、止め打ちをすることで相当数の玉増えが期待できました。

それだけでボーダーラインが1~2回転/千円下がるほどでした。

そうするとボーダーギリギリだった台が、ボーダー+1~2回転/千円の台に成り上がるわけです。

こうすることで、大して優秀でもない台を、自分の技術によって優秀台にすることが出来ます。

このようにして期待値を稼いでいけばいいわけです。

さて、結局言いたかったのは、優秀台はゴロゴロあるわけではないということです。

毎日同じホールで優秀台を掴んでいるのなら、そのホールは優良店です。

大事にしましょう。

さて今回からは次回予告はしません。

またなにか書きます。

整理

過去の記事を少しずつ整理しています。

整理と言っても「〇〇はこちら」のリンクを貼り直したり、画像を追加するだけですけど。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。