実際に稼いだ期待値の計算方法

皆さん、優秀台はつかめていますか?

さて今回は、実際に稼いだ期待値の計算の仕方についてお話しします。

実際に稼いだ期待値とは、その日のデータをもとに算出する期待値で、仕事量と呼ばれます。

期待値には2種類あって、1つは「〇〇という機種の回転率が〇〇回転/千円の台を〇〇玉交換のホールで〇〇回転させるといくら稼げるか」というもので、もう1つは今回説明する「その日の展開では、実際いくら稼げたのか」というものです。

前者は期待値、後者は期待値や仕事量と呼ばれます。

前者は機種と回転率、換金率、回転数が同じであれば、毎回同じ値が算出され、持ち玉比率や投資額などは平均値が適用されます

しかし実際には、持ち玉比率や投資額などは毎回違うはずで、実際に稼いだ期待値とは言えない部分があります。

最終的には収束していくので、同じといえば同じなのですが。笑

それに対して後者は、その日のデータをもとに期待値を算出するので、よりリアルに、その日に実際稼いだ期待値を算出することが出来ます。

今回はこちらを説明していきます。

さてそれでは例を絡めつつ説明していきましょう。

まず説明しやすいように、架空の機種Aを召喚しておきましょう。

架空の機種A、大当り確率1/300平均連チャン数3連チャントータル確率1/100、これがスペックです。

今回は平均出玉1500個通常時回転数2000回転ということにしておきます。

さて、それでは実際に計算していくわけですが、その前に必要な数値を挙げておきます。

仕事量を算出する際に必要な数値は、通常時回転数トータル確率分母実際の大当たり回数平均出玉換金率実際の収支です。

それぞれ説明していきます。

通常時回転数とはその名のとおり通常時の回転数で、総回転数から確変中の回転数と時短中の回転数を除いたものです。

トータル確率分母とはその名のとおり、トータル確率の分母の部分です。

架空の機種Aの場合、トータル確率が1/100なので、トータル確率分母は100になります。

実際の大当たり回数は、実際に当たった大当たり回数のことです。

ただし2R当たりなどは除きます

平均出玉換金率は説明不要だと思います。

実際の収支はその名のとおり、実際の収支のことです。

以上が仕事量の算出に必要な数値です。

長くなりましたが、実際に計算していきましょう。

まずは通常時回転数トータル確率分母で割って、期待大当たり回数を算出します。

期待大当たり回数とは、確率通りに当たったときの大当たり回数のことです。

架空の機種Aは、通常時回転数2000回転トータル確率分母100なので、2000回転÷100=20回本来なら当たっているはずです。

この20回が、今回の期待大当たり回数です。

次に実際の大当たり回数から期待大当たり回数を引き、実際の大当たり回数との差を算出します。

架空の機種Aで、実際の大当たり回数が25回だった場合、25回-20回=5回当たりすぎています。

実際の大当たり回数が15回だった場合、15回-20回=-5回で逆に当たらなさすぎています。

これが差です。

次に大当たり回数の差を、金額にすればいくらになるのかを算出していきます。

その際の式は、大当たり回数誤差×平均出玉×換金率(円)です。

架空の機種Aは、平均出玉1500個で、33玉交換のホールで打っていたとします。

ここでは33玉交換を3円換金としますが、正確な数字を出したいときは100円÷33玉=3.0303・・・円という数字を使ってください。

架空の機種Aの実際の大当たり回数が25回だったとき、大当たり回数の差は25回-20回=5回なので、玉数にすると、5回×1500個=7500個の差になります。

そして33玉交換での差なので、7500個×約3円(100/33)=約22,500円の差ということになります。

今回の場合は約22,500円分出過ぎているということです。

では架空の機種Aの実際の大当たり回数が15回だったときはどうなるでしょうか?

大当たり回数の差は15回-20回=-5回で、玉数にすると、-5回×1500個=-7500個となり、33玉交換では、-7500個×約3円(100/33)=約-22,500円となり、出なさ過ぎているということです。

それでは最終段階、期待収支の算出です。

架空の機種Aで実際の大当たり回数が25回だった場合、約22,500円分出過ぎているという話でした。

つまり、確率通りに大当たりが引けているのならば、収支は実際の収支より約22,500円少なくなるはずです。

ということは、実際の収支-約22,500円=確率通りに大当たりを引いた場合の収支、つまり期待収支になるわけです。

例えば実際の収支が+50,000円だった場合、+50,000円-約22,500円=約+27,500円となり、これが期待収支です。

では架空の機種Aで実際の大当たり回数が15回だった場合を考えてみましょう。

収支は-10,000円だったとします。

収支差は約-22,500円ですから、-10,000円-(-約22,500円)=約+12,500円となります。

以上が期待収支の算出方法になります。

大丈夫ですか?

頭が沸騰していませんか?笑

最終的なまとめの式を書いておきます。

通常時回転数÷トータル確率分母=期待大当たり回数

実際の大当たり回数-期待大当たり回数大当たり回数の差

大当たり回数の差×平均出玉×換金率=収支差

実際の収支-収支差期待収支(期待値)

こうなります。

1つに纏めると、

期待収支(期待値)=実際の収支-(実際の大当たり回数-通常時回転数÷トータル確率分母)×平均出玉×換金率

こうなります。

理解できましたか?

頑張ってマスターしましょう!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。